カテゴリ: ニュース

Hola!!

本日2021年9月7日20時47分に、ゲレーロ州アカプルコ南東11㎞でマグニチュード7.1の地震が発生。


地震発生時のアカプルコの建物内のビデオカメラ映像


メキシコシティでも雨の中、大きい揺れが起き、外に避難する人たち。
地震の影響であちこちで変圧器がショートして光を放ち停電しているみたいです。




そして、最近にメキシコシティで新しく稼働しているケーブルバスは乗客を乗せたまま停止・・・

怖すぎる・・・

そして、この地震での津波の影響はないということです。
時間がたつにつれ、建造物等の被害報告が増えています。
また余震も続いています。
これ以上に被害が拡大しないことを願います。


今日、この地震が起きる前に、2017年9月7日23時49分に発生したチアパス沖地震のことを思いしていました。



揺れの激しい地域で、本当に怖かった思い出があります。
ちなみにこの記事に出てくる教会は4年たってもまだ工事で閉鎖中。

同じ日に大きい地震が起きるなんて、たまたまの偶然と思いたいですが、メキシコは他にも、

1985年9月19日のメキシコ地震M8.0
そして、
2017年9月19日のメキシコ中部地震M7.1
がありました。

こんな偶然が重なるなんて、メキシコは何かあるのでは?と思ってしまいます。

ちょっと、今月の19日は神経がピリピリしてしまいそう・・・。
防ぎようのない地震は本当に怖い。



ポチッと押してくれたら嬉しいです。
bana-gif

そして、お手数でがこちらもポチッと
にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ メキシコ情報へ
にほんブログ村

Hola!!

先に、
以前よりメキシコシティのメトロ12番線の一部の高架部分が崩れかけていると苦情が多数ありました。


IMG_20210503_234125

IMG_20210504_071106

IMG_20210504_000014

目に見えて分かるダメージ。
いつ高架が崩壊するのでは、と住民、利用者は怯えていました。

一度は修復したらしいですが、きっと(今の状態では何とも言えないけど)、手抜き工事だったのだろう・・・

昨晩10時過ぎに、





通常運転だった12号線のメトロの一両目が問題の箇所を通過した瞬間、高架が崩壊。
今の時点で24名の方がお亡くなりになられました。

この事故のメトロ局長の会見では、点検していたとのことだけど、点検してないだろ!! しかも、この女性局長(Florencia Serranis) の代からメトロの大きい事故が多い!! 長年の老朽化もあるだろうけど、メンテナンス作業やマテリアル代などへの十分な予算が下りているのに本当にちゃんとお金を使うべきところに使ってるのか?

そういや、メトロ12号線は古くないです。
2012年に開通、メトロは市営でその当時の市長は今の外務省のMarcelo Ebrard。
当初よりマテリアルならびに耐久性に問題があったみたいです。

一年前には列車同士の追突事故 2020年3月10日 

そして、メトロのコントロールセンタービルの火災 2021年1月10日

基盤の配線切断による火災。
これにより、1、2、3、4、5、6号線が運休。

この時の会見で局長が、記者から『あなたは(火災のあった場所)の責任者ではないのですか?』の質問に

『私はただの局長です』

で質問を終わらせた!!怒

普通なら、この局長はここで辞任の意を示してもいいはずなのに、なぜか市長やらなんやらに擁護されそのまま継続。

続いて、2121年4月24日

配線切断による火災。

そして昨晩の大事故。

metro_cdmx_efe_1_crop1620116952941.jpg_2024461655

点検・修復を怠っていなければ、あんな大惨事が起きなかったのに。

このようなことが起きても、局長は辞任を避けてるのがすごいわ、こんなにも人々の反感を買ってでもしがみつきたいポストなのだろうか・・・Ten tantita madre.

この事故の原因究明に入りますが、汚職が横行しているメキシコでは、もし資材水増し、手抜き工事、などが発覚しても(これは明らか)、それを指示した人が捕まることはあるのだろうか・・・。

このままうやむやに終わらせることだけはやめて欲しい。
多数の命を奪った原因を法の下で裁ける日が来ますように。



私は大阪市で、高校の時より10年以上も地下鉄をほぼ毎日利用していました。
いつも安心して乗車し、一度も何かあるのでは?と不安を抱いたことはありません。
それも日夜問わずに点検&補修など『安全』を守ってくれてる方々たちのお陰なんですね。
海外にいると日本では当たり前だと思っていたことが、当たり前ではないのに腹立たしくなります。

『安全』

に生活できることは、難しいことなのかも。







Hola!!

メキシコでは、高齢者へのコロナワクチン接種が始まってから、けっこうな日がたち、私の住んでる街でも続々と接種済の方たちがいます。

が、このワクチン接種をすごく不安にする事件が起きました。

まず、数日前に90歳以上の女性へのワクチン接種のビデオなのですが、


なんと注射器は空で、空気を注射!!

注射をしたのが、研修生だとかでちゃんと出来てなかった、後ほどちゃんとワクチンを接種して大丈夫などと言ってたみたいですが、ありえない!!
これって、一歩間違えれば・・・いや間違えなくても犯罪の域になりますよね。

そして、昨日には、

ツイート主の叔父のワクチン接種だったのですが、
こっちは、

なんと針を刺しただけ!!

後で看護師の間違いで起きたことと弁明してますが、ワクチンが注射器に入ってるか確認せずに打つ???
の前に針刺しただけっておかしいじゃん!!!!

もう、メキシコのワクチン接種には不信感しかない。

今のところ、ビデオで確認できるのが2件あり、どちらも非を認めているのですが、本当に2件だけなのかしら・・・。

800万件以上のワクチン接種済ですが、接種した人たちは、本当にちゃんと接種できてるのか不安でならないと思います。

万が一(まぁ、外人だからワクチンが回ってくることはないかなぁー)、私にワクチン接種の機会が訪れても、
今までなら、

b_2021_04_05-1

注射が怖いし、痛いので目をつむってたけど、

きっとこうなるわ、

b_2021_04_05-2
でもって、先にワクチンの小瓶も見せてもらうわ!!

だって、カンペチェでロシアのワクチン、スプートニクスの偽物が見つかったんだよ!!

命にかかわる大切なワクチン接種なんだから、毎日何人への接種が終了した、何万本のワクチンが到着したと自慢気に報道する前に、ちゃんと本当に接種出来てるか確認して欲しいわ。

もう、怖いよ。。。



ポチッと押してくれたら嬉しいです。
bana-gif

そして、お手数でがこちらもポチッと
にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ メキシコ情報へ
にほんブログ村

Hola!!

ご無沙汰しています!!

久しぶりのブログですが、痛ましい事件を書かせてもらいます。

アメリカで起きたジョージ・フロイドが警官によって取り押さえられて頸部圧迫により死亡した事件を覚えていますでしょか?
拳銃も何も装備していなかったのに、なぜにあそこまで執拗に取り押さえないといけなかったのか、殺さないといけなかったのか(事故ではないと思います)。

二度とこのような事件が起きてはならないはずなのに、同じようなことが、メキシコはカリブ海の観光地トゥルムで起きました。

被害者は、

エル・サルバドル移民のビクトリアさん36(37)才。
彼女には小さい二人の子供がいました。
子供たちは孤児になりました。

事件が起きたのは、3月27日(土)の午後に、ビクトリアさんが酔っぱらった(泥酔だったのかは不明)状態で歩いていたところを取り押さえられました。
4人の警官に力づくで抑えられ、このビデオを見たら誰もが記憶にあるジョージフロイド事件を彷彿させられます。
※ショッキングな映像ですので、視聴は自己判断でお願いします。


主犯の警官はたぶん女性。

なぜ、救急車をすぐに呼ばなかったのか!!
なぜ、現場を動かしたのか!!
なぜ、勝手に遺体をトラックに積んだりしたのか!!

ありえない、全ての行為がありえない。
本当に警察としての資格を持っている人たちなのだろうか、行動の全てが非人道的すぎる。

彼らもジョージフロイド事件の痛ましいビデオを見たことがあるはずなのに、なぜに同じこと、同じ過ちを繰り返すのか。

この警官たちは、離職となり拘束されていますが、うやむやのまま釈放とかにならず、正当な刑罰があたえられることを願います。





Hola!!

メキシコが肥満大国なのは有名なことで、特に子供の肥満率は世界一だったかな。

b_2020_08_07-1

メキシコでコロナでの死亡率が高いのも肥満や糖尿病であることが一要因とされています。
ですので、コカコーラなどのソフトドリンクやコミーダ チャタラと言われるスナック菓子等がすごい叩かれています。
特にコカコーラ―は国から排除しよう運動がでてます。てか、飲まなかったらいいだけじゃん。

そんな中、オアハカ州ではなんと・・・
b_2020_08_07-3

18歳未満はソフトドリンクやスナック菓子を買えなくなりました!!
未成年者へはお酒やたばこと同じ扱いになります。

これって、かなり極端すぎる・・・

でも、親が買って与えるのはオッケー

なので、今まで自由に買えてたものが買えなくなり、こんな風になっちゃわかないかな、
b_2020_08_07-2


こんな法律を立てて、与える与えないは親に判断をゆだねると言っても、親がお菓子食べて、ソフトドリンクめっちゃ飲むところ多いし、家に置いてたら子供たちも手に取るし、あんまり意味が無いような気がします。

子供たちが買い食いできなくなるのは、いいかもしれないけど、それも学校帰りの楽しみが消えて寂しいかも。。。

あと、この法律で買い食いができなくなった腹いせで、肥満児たちへのイジメが増えないか?と思いました。

肥満は食生活の乱れももちろんですが、先天性なこともあります。
一概に禁止にするよりも、親も含めて食への知識&教育、適度な運動、肥満のリスクなどをもっと学校等で授業としてするのが先ではないでしょうか。

ちなみに、ローカルフードのあま~いチョコラテ(1cup 190kcal)、あま~いパン デ ジェマ(60g 165kcal)、ラードたっぷりのトラジューダス(cecina 肉付き 650kcal)などは買ってもいいみたいです。
って、なんじゃそりゃ?????
チョコラテってコーラーよりカロリーあるじゃん!!

なんかモレーナ党がやることは『?』がいっぱいつくことが多いわ・・・。

これにより、健康な子供たちが増えれば、メキシコ全国に広がりそうですが、一筋縄ではいかなそうなのがメキシコかな。

隠れて子供たちへの闇販売とか増えそう。
水筒にソフトドリンクを量り売りしたり、ポテチとかを黒いビニール袋に入れて販売したり・・・
メキシコだから、ありえるな!!




ポチッと押してくれたら嬉しいです。
bana-gif

そして、お手数でがこちらもポチッと
にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ メキシコ情報へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ