カテゴリ: ニュース

Hola!!

前々回の暴動の続きになります。

金曜日にメキシコシティーでもデモと言う名の暴動が起き、警察が動きだした時に、デモ隊が逃げ出したのですが、そこで転んでしまった女性の顔と頭めがけて蹴りを入れる数名の警察の映像が拡散されました。

ISN527HOFFCONG24JUSXF7CKRE

後に名前はメラニー、そして未成年女子であることが判明し、週明けの月曜日に若者たちによるメラニーの為の抗議デモが行われました。



これは、もう抗議デモでも何でもなく、ただの犯罪者の集まりにしか見えません。
道路に設置されている防犯カメラを壊し、壁にはペンキで落書き、目に入るものすべてを壊していきました。

が、その間、警察の姿は現れず・・・

そしてショップが立ち並ぶ通りでは、スタバ、オクソ(コンビニ、いつも襲われる)、アディダスショップなどなどにシャッターをこじ開けたり、ガラスを割って入って商品を奪い、2時間以上もの間、彼らは破壊と略奪を繰り返していました。

が、その間、警察の姿は現れず・・・

唯一、警察がバリケードを張って待機していたのが、ベジャスアルテ宮殿とソカロのみ。

理由は、デモ隊の挑発に乗らないようにらしいですが、好き勝手にやらせてあまりにもひどすぎます。
被害を受けたお店の人たちには何の罪もないのに・・・。

どう見ても、これは抗議デモではなく犯罪にしか見えません。

5日と8日のデモでの被害総額はなんと、22,000,000ペソにも上ると言われてます。
日本円で今のおおよそのレートだと・・・

一億一千万円!!!!!


破壊、略奪、暴力、どれも抗議デモには必要ないです。
本当にやめて欲しい。

あと、道路を閉鎖するデモもやめて欲しい。

お店の被害は補償や保険があるのかと心配になります。
大きいチェーン店などは、すぐに復旧できそうですが、個人経営のお店などは大変だろうな。
コロナで長期閉店してる上に、破壊に略奪なんて・・・。

こんなにも街がボロボロにされたのに、市長は公に何もいわず!!

当分、不安定な日が続きそうなメキシコです。

そして、すぐに街の落書きなどの掃除や器物破損の修理に取り掛かっています。



こんなことして、誰が得するんだ???
って、公に泥棒できた人たちか・・・


ポチッと押してくれたら嬉しいです。
bana-gif

そして、お手数でがこちらもポチッと
にほんブログ村 海外生活ブログ メキシコ情報へ
にほんブログ村

Hola!!

メキシコは連日コロナ感染者の数が最多になっている中、警察官による許せない事件が起きていました。

5月3日の夜、ハリスコ州イストラウアカンでジョバーニ・ロペス(30歳男性・大工)がマスクを着用していない理由で警官たちに拘束され、そのまま拘置所に連れて行かれました。


ビデオでは、『彼は何もしていない!!』『マスクを付けてないだけでなぜ逮捕する!!』『座って何もしていなかった!!』と、周りの人たちが叫んでいます。
最後の方には、『早くインターネットにビデオをあげて!!』と言う声も。

そして翌日に、彼の家族は警察署に彼を探しに行くと、病院にいると言われ、その後に死亡が確認されました。
検死の結果は頭部を激しく殴打によるものでした。
また、足には銃で撃たれた跡もありました。
遺族には20万ペソを渡すので、口外しないようにと脅迫してきたと後に彼の兄弟が話しました。

警官による暴行殺害

事件から一ヶ月近く、ジョバーニの事件は表にでることがなかったのですが、アメリカでの警官によるジョージフロイド殺害事件での抗議デモ#BlackLivesMatters でジョバーニの警官による暴行死が一気にSNSで拡散されました。

そして、メキシコのハリスコ州グアダラハラで抗議デモが勃発しました。
5ed94966d8441

抗議デモは暴徒と化し、器物破損に暴行、警官も応戦し混乱状態になりました。



そして、警察官に火を着けるものまで!!

当日夜に州知事がビデオをアップし、この暴動を煽ったのは大統領とその党の人たちだと告発!!
理由は車に火を着けたり、警官に火を着けた人たちは、ハリスコ州人ではなく、暴動を起こす為に来て、被害を大きくするデモ活動には関係のないプロであること。

翌日(今日)の会見では、
・逮捕の理由はマスクを着用していないことでは無かった。が、原因は調査中。
・暴行殺人にかかわった3名の警察官を逮捕している。
などなど言っていました。

アメリカでの大規模デモ活動の影響にしても、一ヶ月近くたってから一気に拡散され、ここまでの暴動になるのも疑問です。

そして、今日も若者によるデモ抗議が行われ、マスクを外して叫ぶ人たち。。。
忘れないでコロナウィルスが蔓延してるんだよ!!

解決するまでに時間がかかりそうな事件です。

ポチッと押してくれたら嬉しいです。
bana-gif

そして、お手数でがこちらもポチッと
にほんブログ村 海外生活ブログ メキシコ情報へ
にほんブログ村



Hola!!

6月1日よりメキシコは以前の日常ではなく、新日常(nueva normalidad)になります。
その新日常は、州の信号カラーによって行動が制限されます。

2020_05_30-1

上から、全部の信号に共通するのが、スサーナディスタンシアと手洗いです。

ミドリ:気を付けながら全ての日常がOKです。
学校もOK。

黄色:全ての職種OK、公園、美術館等は制限付きでOK、弱い人々に配慮をする。
学校はダメ。

オレンジ:全ての職種がOKだけど、必要不可欠ではない職業は制限付き。公園は制限付きでOK。
学校はダメ。

そして、赤・・・

赤:必要不可欠な職種のみOK!!

そして、6月1日から始まるにあたり、政府が発表した州別信号は・・・


2020_05_30-2


2020_05_30-3

赤はマックス危険信号!!

はぁ~・・・

全てが緑になる時はいつなんだろう。。。


こんな赤、赤、赤、赤、赤、どこも赤!!
なコロナ渦中の中、大統領は来週から意地でも作りたいトレン・マヤ(マヤ列車)の着工式にカンクン、カンペチェ、ユカタン、タバスコ、チアパスと旅行しまくる予定だし、昨日には自分のドキュメンタリードラマみたいな1作目を発表&放映するし、国民はコロナで苦しんでるけど、ほんと興味ないんだな~と思います。
そんなことするよりも、もっと現場に目を向けて欲しいような気がします、選挙権のないいち外人が言っても仕方ないかな~。


ポチッと押してくれたら嬉しいです。
bana-gif

そして、お手数でがこちらもポチッと
にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ メキシコ情報へ
にほんブログ村


Hola!!

本日、2回目の更新です。

先ほど、COVID-19の感染拡大に伴い緊急事態宣言が出されました。



強制的な外出禁止などはないですが、4月30日まで外出自粛が続きます。
もし、予定期日までにコロナウィルスが減少しなかったら、延期の可能性もあります。

メキシコはまだフェーズ2ですが、毎日100人ぐらいの感染者が増えています。
このままだとフェーズ3に引きあがるのも時間の問題です。

今の時点での感染者1094名、検査中もしくは感染してると思われる人(確定ではない)2752名、死亡者28名。

一人一人の責任ある行動で、ウィルスは減少するはずです。

Quedate en Casa!!

Quedamos en Casa!!

家に居て!!

家に居ましょう!!



Hola!!

ご無沙汰していまーす。

un día sin nosotros.

私たちはだいたい月曜日が外食の日になっています。
ですので、明日が外食デーなのですが・・・
b_2020_03_09-1

b_2020_03_09-2


私たちが喋っていることは、

b_2020_03_09-4

3月9日にある大規模ストライキのことです。

女性がいない道
女性がいない職場
女児のいない学校
女子のいない大学
女性が買い物をしない

これは女性による女性のためのストライキで、多発しているフェミニシディオ(フェミサイド:性別を理由に女性または少女を標的とした男性による殺人)にメキシコ中の怒りが頂点に達した時に、ベラクルースのフェミニスト団体がSNSでストライキを呼びかけ、瞬く間に広がり、多くの女性が賛同の意思表明をし、また学校や企業などもこのストライキを支持すると言い、学校や会社を休んでもオッケーとなったりしています。
また、女性政治家たち、大統領夫人も支持しています。
たぶん、大統領も支持してたかな?

このストライキは本当に何もしないのが目的で、家から出ずに、家事などもせず、そしてSNSもしてはいけない。。。

でも、もちろん働かないといけない人もたくさんいます。
アンケート調査によると50%以上がストライキに参加すると答えたそうです。

明日はどれだけの女性が街から姿を消すのでしょうか?

それでも、私が外食すると言ったら、彼は・・・
b_2020_03_09-03
何かビビッていました。

と言うのも、今日の国際女性デーにあった大規模デモ行進を見たら、私も怖くなりましたよ。。。



ノーバイオレンスを謳ってるのに、めっちゃ暴徒やん・・・
彼女たちに外にいるのが見つかったら・・・ブルッ

ポチッと押してくれたら嬉しいです。
bana-gif

そして、お手数でがこちらもポチッと
にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ メキシコ情報へ
にほんブログ村


↑このページのトップヘ